証券会社と付き合って行う株式投資

私は過去に大手証券会社に勤めていました。その証券会社は非常にノルマがキツく毎日数字に追いかけられ、辛い日々を過ごしていました。

 

証券会社の推奨する銘柄はすでに情報が出回りきったあとのものであり、かなりの高値を掴まされる可能性がとても高いのです。しかしお客さんに株式を買ってもらうためには、絶好調の業績の株式の方が買ってもらいやすいですよね?

 

独自で見つけた有望株を提案しようにも銘柄に対して一人何株買わせるというノルマが付いてしまっているためになかなか自由な提案もできません。そのため証券会社と付き合っているお客さんは万年損を出している印象です。それでも証券会社との取引をやめないのはやはり相談が出来て、話相手になってくれる人が欲しいのでしょうね。

 

基本的に株を買う人はお金持ちなので、少しの損が出たくらいは問題ないのでしょうね。


このページの先頭へ戻る